FLUID THOUGHT ABOUT PHOTOGRAPHY



My very first compact camera Pentax and second camera Poraloid SX-70

After 4Months of trying and errors with brand new experience with my third camera after Pentax Espio 140M in 90′s and Poraloid SX70 around 2012-2015.
NEX is actually my first digital camera.
Strange to look back from what I think all about that today, photography was always something what I couldn’t “read” or “feel”.
But after started taking pictures, I was literally brown away by simplicity, directness and complexity of photography at first time in my life.
I feel I am at the stage of putting out as much as I can what I see with this small magic box.
Still fearing and hesitating to follow instinct or own aesthetic imagination, I begin slowly start to watching everything with another point of view about photography.

写真を始めて四ヶ月目になる。
NEXを手に入れる前は90年代にPentaxのコンパクトカメラ Espio140、2000年代にポラロイドのSX-70で写真をとっていました。
今思い返すと不思議なものですが、こうして写真を自分で撮ってみるようになるまで、自分は写真と言うものが今ひとつわからない。もしかしたら
グラフィックデザインや、アブストラクト・アートよりも抽象的かつ、遠い所にあるように感じていた様に思います。
しかし一旦写真を撮り始めてみると、デジタルの恩恵もあったのでしょう。 写真を撮るという一連の動作の中にある、感動からそのアウトプットまでの速度、単純さ、かつその奥の深さに
たたき付けられた様に思います。
まだ自分の思い通りの表現や、そもそもそれが何か、それを追求する事への恐れと戸惑いを持ちながらですが、少しずつ、少なくとも写真というモノの見方が変わってきたのを感じるこの頃です。